紅 ほっぺ 産地。 【紅ほっぺ】はどんな苺? 特徴、産地、名前の由来は?|いちごパラダイス!

紅ほっぺといういちごの品種の特徴とは?

イチゴが一般市民に普及したのは1800年代であり 、本格的に栽培されたのは1872年(5年)からである。 の加工用に多く用いられる。 1品種の「紅ほっぺ」、期待の新品種「きらぴ香」ともに章姫の血を受け継いでいます。

2

紅ほっぺといういちごの品種の特徴とは?

「紅ほっぺ」の苗の増殖について 許諾契約を結んだ法人又は正規に苗を購入した個人生産者が、「自己の生産に用いるために苗を増殖すること(自家増殖)」は認められていますが、 増殖した苗を勝手に他者へ譲渡・販売することはできません。 果実は硬めで日持ちがよい。 寒冷地の露地栽培に向く。

18

静岡県/農林技術研究所/紅ほっぺの栽培と許諾

って続くとたいね。

3

静岡県/地域の特産物(いちご)

可食部はの発達したものであり、表面に分布する粒々がそれぞれである。

17

紅ほっぺ | いちご(苺/イチゴ) 品種の特徴 食べ方 選び方

[具体的データ] [その他] 研究課題名 地域適応性が高い優良新品種の育成と選抜(第2次交雑試験) 予算区分 県単 研究期間 1988 ~ 2006 年度 研究担当者 上田仁悦、照井真、丹波仁、佐々木美佐子、高橋功、加賀谷松和、小林香代子、佐藤廣 発表論文等 品種登録(2009. [キーワード] リンゴ、新品種、「秋田紅ほっぺ」、早生種 [担当] 秋田農技セ・果試・リンゴ部 [代表連絡先] 電話0182-25-4224 [区分] 東北農業・果樹 [分類] 技術・普及 [背景・ねらい] 「つがる」、「さんさ」に代わる食味の良い早生種を育成する。 ペチカ (ペチカプライム) 1995年 株式会社ホーブ(北海道)が「大石四季成2号」と「サマーベリー」を交配。 『果皮の色は鮮赤、果形は長円錘、果実の大きさは大、果肉色は鮮紅、果心の色は淡赤、果実の光沢は良である。

19

静岡県/農林技術研究所/紅ほっぺの栽培と許諾

「ももいちご」の別称は大粒での形に似ていることから名前が付いたとされる。

17