マティアス トーレス。 トーレス / TORRES

トーレス / TORRES

ディルク・タルナート(Dirk Tarnat):巡洋艦エニュオの艦長。 国際軌道エレベーター(International Space EleVator, ISEV) 小惑星ユリシーズの災厄やからの復興基盤となるを目的として開発された。

11

「はたらくくるま」図鑑 空港編 トーバーレス・トーイング・トラクター|中古車なら【グーネット】

ゼネラルリソース(General Resource LTD) ユージア大陸北東FCU領内のポートエドワーズに本拠を構える。 寒暖の差が大きくフレッシュな酸を備えたワインが生み出されており、リアス・バイシャスと並び、スペイン白ワインの2大生産地に数えられています。

1

AceCombat7 アリコーンの二年間の考察

運転方法の説明を聞くと操作はシンプルそのもの。 ADF-11Fのものは機種部に搭載されている。 エルジア保守派であるラバルト将軍と行動を共にし、急進派の攻撃から生き延びるため奔走しラバルト将軍をヘリまで護衛することに成功するが、ラバルト将軍暗殺命令を受けたオーシア軍機によってヘリを攻撃され死亡した。

11

AceCombat7 アリコーンの二年間の考察

有人機は日ごとに数を減らし、戦場から消えようとしていた。 推進機を左右船体に配し、設計段階から魚雷発射管を廃した他、リムファクシの建艦で得られた自動化技術によって要員を削減したことで格納庫の容積を確保している。

シンファクシ級潜水空母

使用されたUCAVは後述するアリコーンに搭載されたSLUAVと酷似している。 を舞台とする『エースコンバット3』では、統一国家となったユージア大陸において先端技術の研究開発を行う傍ら、軍事から市民生活までを対象とした殆ど全ての分野で事業展開に成功、その圧倒的資本力・経済力をもってユージア大陸を事実上の信託統治領とするなど国家を超える権力を持つ超国家企業に成長している。

7

シンファクシ級潜水空母

「プロイェクト・アリコーン」という名で公開された複数の画像ファイルに収められたユークトバニア新海軍第4設計工廠のスタンプ入りの設計図面の一部には、主船体の左右に張り出した巨大な推進用副船体と、主船体前部を占める航空甲板があった。 また主船体・副船体間に計8基設けられたUAVラウンチベイによりを運用することができる。

6

シンファクシ級潜水空母

アイシング 雲の中などの悪天候下で飛行を続けると、アイシング現象と呼ばれるが発生する。 船体後部には艦載機、もしくは無人戦闘機の射出口を備えており、近接防御火器も内蔵されている。

ヴィクトリア・トーレス│アルビーリョ・クリオリョ│BMOワイン公式サイト

潜水艦隊司令部はリムファクシに弾道ミサイルによる対地支援を発令し、この命令を受けたリムファクシは浮上して弾道ミサイル発射を試みた。 メビウス1の出身地でもある。 カール(Karl)(日本語音声:) オーシア国防陸軍大尉。

19