亡き 王女 の ため の パヴァーヌ。 ラヴェル 曲目解説:亡き王女のためのパヴァーヌ

亡き王女のためのパヴァーヌ

パーソナリティ [ ]• 全音ピースでいう、E(上級)の作品と捉えています。

11

亡き王女のためのパヴァーヌ ト長調/Pavane pour une infante défunte G

古瀬徳雄「」『関西福祉大学社会福祉学部 研究紀要』第13号、、2010年2月、 p. テンポ設定も程よく、心地よい音楽の揺れと色鮮やかな音色に身を任せることの出来るオススメの1枚です。 ある日、ラヴェルはこの「 亡き王女のためのパヴァーヌ」を聴き、 「この曲はとても美しい。

4

ラヴェル:亡き王女の為のパヴァーヌの難易度はどのくらいでしょうか...

演奏時間はおおむね6分半から7分程度である。 感傷的な旋律の裏で奏でられる伴奏の動きも美しい詩情に溢れ、さりげない終曲の仕方も美しい余韻を残すようでお気に入りです。 上級の力を持った人が楽しみで弾くような作品ですね。

7

亡き王女のためのパヴァーヌ ラヴェル 解説と試聴

パヴァーヌというのは典雅なゆったりとした曲想を持つ古典的な形式である。

15

亡き王女のためのパヴァーヌとは (ナキオウジョノタメノパヴァーヌとは) [単語記事]

最初はそれほど難しくないのですが罠です。 2.構成 [A-b-A']-B-A''の3部形式。 上記以外のポピュラー音楽シーンにおけるカバーとしては、による「Never Say Goodbye」(2004年発売のアルバム『ピュア()』に収録) や、による「Pavane〜亡き王女のためのパヴァーヌ」(2009年発売のクラシック音楽カバーアルバム『』に収録) などが存在する。

14

ラヴェル 曲目解説:亡き王女のためのパヴァーヌ

ラヴェルは、旋法的なメロディに対し主調をはっきりさせない和声を組み合わせることで、古典的な和声進行に縛られない独特な浮遊感をもった音楽を作りたいと考えていたようであるが、この段階までは成功していなかった。 初演は1902年、ドビュシーやラヴェルのピアノ作品の初演者として有名なスペインのピアニスト、 リカルド・ビニェス 1875-1943 によって行われました。 近現代で曲名にパヴァーヌを用いた主要な作品としては、以下の例がある。

18

モーリス・ラヴェル『亡き王女のためのパヴァーヌ』解説〜亡き王女とは?パヴァーヌとは?

リンク アルバム「ナイトフォール」 【収録曲】 ドビュッシー ・夢想 ・ ベルガマスク組曲(前奏曲/メヌエット/月の光/パスピエ) サティ ・ グノシエンヌ第1番 ・ジムノペディ第1番 ・ グノシエンヌ第3番 ラヴェル ・ 夜のガスパール(オンディーヌ/絞首台/スカルボ) ・亡き王女のためのパヴァーヌ ピアノ:アリス=紗良・オット 録音:2018年 アリス=紗良・オットは1988年生まれ、ドイツ・ミュンヘン出身のピアノ奏者です。 ラヴェルはフランスの南西部のスペインとの国境に近いシブールに生まれました。