井上 尚弥 比嘉 大吾。 井上尚弥が比嘉大吾を圧倒「お互い成長しているが距離は縮まっていない」(木村悠)

【スポーツ】LEGEND〜井上尚弥 VS 比嘉大吾〜

まず初めに、このような時期にこのイベントに参加出来ることをファンの皆様、 関係者の皆様には感謝申し上げます。 能力は高いため、井上のライバルとなれるよう、頑張ってもらいたい。 将来の挑戦者候補、比嘉大吾は試合後に 対戦相手に指名された比嘉大吾は15連続KO勝利の日本タイ記録を保持し、現在はバンタム級の世界ランキングでWBA8位、WBC14位にランクされている。

井上尚弥、比嘉大吾を圧倒「十分にレベルの差を見せられた」― スポニチ Sponichi Annex 格闘技

井上がスーパーフライ級で活躍していた頃、比嘉とスパーリングで戦ったことがある。

6

井上尚弥、圧倒 比嘉大吾との夢の対決を制す「真剣度は100%」/ファイト/デイリースポーツ online

8㎏ 比嘉大吾はなんと10㎏もの減量をしています その10㎏を1か月で落とす・・ボクシングは、なんて過酷なスポーツだ 長谷川穂積も過去にバンタム級で10㎏の減量を強いられました 最後の2日間は、ほとんど絶食の状態 比嘉大吾はその減量苦の影響か、脱水症状で足がしびれてきたそうです トレーナーは、比嘉大吾のしびれた足をマッサージしながら、「自分の息子にはぜったいさせない」 と言っていたそうで、それほどギリギリまで追い込まれるスポーツは他にないんじゃない? 後は情緒不安定になったり・・ 比嘉大吾の身体は悲鳴を上げています もうギリギリの状態でフライ級を戦っています なので、1階級上のスーパーフライ級も視野に入れています スーパーフライ級の体重リミットは、 52. 全7試合が組まれ、同カードはメインとなる。

比嘉大吾と井上尚弥が対戦したらどっちが強い?減量苦で階級上げる?

「いつかは倒す相手として世界前哨戦として戦います」と意気込んでいた比嘉を尚弥は攻守でほんろうする。

2

変幻自在な井上尚弥がレベルの差を見せたが…比嘉大吾が「もっと大きいと思った」と収穫を語るワケ

6試合が行われた。 「あくまでもスパーリングなので普段は見せない動きだったり、サウスポーに構えたりしたけど、手を抜いたわけではなく、しっかりガチでやらせていただきました」 ノニト・ドネア(フィリピン)と死闘を演じた19年11月のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント決勝以来、1年3カ月ぶりの国内リング。 分かりやすく言うと「体重60kgのボディビルダー」と「体重60kgの新橋のオヤジ」を比較すると、ボディビルダーが細く小柄に見えるんです。

20

【海外の反応】井上尚弥と比嘉大吾の豪華エキシビションマッチに「レベル高過ぎだろ…」|マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜

3R、お互いヘッドギアを外し、会場のボルテージは最高潮。 井上が「自分も体重を絞っているわけではないので、試合ほどのスピーディーな動きができるかといえばそうではない」というように、当たり前であるがこちらも試合のときの仕上がりとは違っていたのだ。

井上尚弥、比嘉大吾に披露したディフェンス能力を英指摘「明らかに格上の選手だった」(THE ANSWER)

火とかバーバーと出たりして」と気持ちを高揚させていた。

8

井上尚弥vs比嘉大吾が2.11「LEGEND」で正式決定…近未来の“世界前哨戦”となる”ガチスパー”の行方は?(THE PAGE)

今日はいい出来だったと思う」と自らのパフォーマンスを評し、井上を目指している比嘉をチャンピオンとして迎える意義を問われると次のように答えた。 比嘉はデビューから15戦連続KO勝利の日本記録を持ち、17年5月にWBC世界フライ級王座を獲得も18年4月の3度目の防衛戦で体重超過を犯して王座剥奪。 勝敗のないエキシビションだからこそ、変幻自在な戦法を披露し、実力の違いを見せつけた。

1