目論見 意味。 『目論見』の意味とは?証券用語の『目論見書』とは?英語・類語・例文もわかりやすく解説

「目論見書」と「運用報告書」の違いとは?分かりやすく解釈

・証拠隠滅とアリバイ工作によって完全犯罪の目論見があった。 「目論見書」には、その株式会社の事業内容などが詳しく記載されており、株式を買いたいという人が会社のことを知るために必要です。 「転職すると給料が下がる」• どちらかといえば計画性があって良い意味合いで使うことのほうが多い表現です。

11

『目論見』の意味とは?証券用語の『目論見書』とは?英語・類語・例文もわかりやすく解説

と、疑問に思われたように、素直に考えるとそんな感じがしますよね。 したがって、算段と目論見はかなり意味としては似ています。 ・ファンドの目的、基本的性格、仕組み、投資方針、投資対象、運用体制、分配方針、投資制限といった基本的情報 ・投資リスク、申し込みに必要な情報 ・信託報酬・信託財産留保額等を含む費用や税金に関する情報 ・純資産の推移、分配、収益率の推移といった運用実績 ・組入銘柄を含む投資状況 ・信託約款の内容 他 投資信託の請求目論見書 投資信託の請求目論見書は、ファンドの詳細情報として、ファンドの沿革、ファンドの管理・運営についての概要、受益者の権利についての説明、貸借対照表・損益計算書等の財務諸表や純資産額計算書を含む、詳しいファンドの経理状況などが記載されています。

6

目論見の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

「目論見」の語源・由来 目論見はどこからやってきたのか 目論見の語源が一体どこからルーツになったのかは、実ははっきりしたことが判明していません。 腹積り(これからしようとすることのおおよその予定。

5

「目論見」の意味と使い方!「企み」との違いは?【例文つき】|語彙力.com

目論見を破棄する 目論見なのであらうか 目論見にあった 目論見と違って 目論見は外れる 目論見ではあったが 目論見をしておりますが 目論見に百パーセント沿った 目論見を起しました 目論見の齟齬した 目論見を奴に話してやったか分るかい 目論見だけで二万は投げ出すだろうぜ 目論見にしても 目論見のついた 目論見も立たなかった 目論見に失敗して 目論見を白状する 目論見に反して 目論見は予期以上の故障にあって 目論見を思いとどまったほどだった 目論見ばかりから来た 目論見をめぐらしながら 目論見を立てる 目論見のために各種にわたった 目論見から出た 目論見があった 目論見がある 目論見でもある 目論見でござんすね 目論見に出くわす 目論見は始めて 目論見を承認する 目論見を常人よりよりよく理解し得る 目論見に最も明らかなるべき 目論見を妨げて 目論見で僕を頼つてきた 目論見に対する彼女の全然ちがった 目論見もあった 目論見があったに 最善の目論見を 何事をやりだす目論見 節句という目論見 分析しようという目論見に 始めの目論見と 太平を謡わんとするの目論見 どこかへ売りつけようという目論見では 椎名の目論見に 領域は外して売り付けようという目論見 商法の目論見を 気紛れな目論見に そうだという目論見の これという目論見も 古藤をおとしいれようとした目論見に 葉子の目論見に 事業の目論見は ふところ金をむさぼろうという目論見ばかりから 心静かに目論見を 機宜に適する目論見を 辻褄の合わない目論見 一つヤンヤといわせる目論見 何か目論見が ひそかな目論見 ひとつ地で行ってみようとの目論見 年来の目論見 時運命の目論見は 運命の目論見を 運命の目論見に 事を目論見 栄耀を図ろうなどの目論見は 木村重吉の目論見 自分の目論見に対する 他の目論見も. 目論見の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。

「目論見」の由来や意味とは?語源から知る事で使い方を習得しよう

また、くわだてたこと)• 作成義務: 第13条第1項• ・イギリス政府は欧州すべてに渡って領土支配の目論見を考えた。 企んでいた計画などが失敗に終わることを意味し、そこから察することができるように、悪いことが起こった時の状況を言い表しています。

15

「算段」と「目論見」の違い・意味と使い方・使い分け

くわだて。 なので計画を作る際には、目標達成を実現させた時点での描写が明確に見えていることが条件です。 」といった意味を持つ言葉です。

14

目的 目論見 目標を使いわけるとしたら?

だからこそ、「目論見」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 あまり一般的には使用される日度は低いのですが、意味はやはり企てや目論見のことを指します。

目論見書とは

画策とは、好ましくない感情も併せ持ちながら、裏でコソコソと動くような状態の描写で使われることが多いからです。 由来や類語を理解し、シーンに応じて正しく使っていきましょう。 またその内容)• 「目論見書」には、 「投資信託の目的と投資対象・決算と分配金・リスク・運用実績・申込方法・手数料」などの情報が詳しく書かれています。

14