都電 荒川 線 路線 図。 都電荒川線の路線図

都電荒川線の駅一覧・路線図・お出かけ情報

廃線跡 [ ] 撤去前の船路橋跡その2---掲載された方、撮影日をお願いします 都電は道路を運行していたため、廃線跡はほとんどの場合道路に埋もれてしまい、現存していない。 (平成5年)11月11日:プリペイドカード(Tカード)導入。 2020年7月6日閲覧。

全長12キロの路面電車「都電荒川線」が10年先も走り続ける条件 (1/4)

7000形・7500形の老朽化に伴い(平成2年)より増備された形式である。 1928年6月3日:東陽公園前 - 洲崎(旧)間開業• 1907年7月6日:九段下 - 九段上間開業• 不忍池の畔の専用軌道跡は、入り口付近がとなり、そのまままでは公園内歩道として跡を辿ることができるが、高架下より先は動物園敷地のほか、上野グリーンクラブ敷地等の民地となっている。

都電荒川線の路線図

(大正6年):城東電気軌道、 - 小松川間を開業。 1913年3月15日:本郷三丁目 - 本郷追分町間開業• 都電の営業所・車庫としては三田、新宿に次いで三番目に歴史ある営業所であり、錦糸堀営業所とともに大規模撤去の最末期まで存続した営業所の一つである。

9

東京さくらトラム(都電荒川線) 東京都営 路線図

しかし、都電の大規模廃止が実施された時期は、全国的に事業者の経営問題による軌道の廃止が相次いでおり、現状復旧費用が事業者の収支をさらに悪化させる懸念があったことから、特例として軌条の上に5センチのオーバレイ舗装を行うのみで原状復旧とみなしてよいこととなっていた。 1923年4月15日:開業 新設停留場、駒込橋、滝野川役場前、蚕糸学校前、一里塚、飛鳥山• その後1927年(昭和2年)に三ノ輪電車営業所の派出所、三ノ輪電車車庫の分車庫となり、1932年(昭和12年)4月14日に営業所に昇格した。

1

都電荒川線の路線図

1913年2月26日:伊予橋 - 菊川橋(のち停留所廃止)間開業• 電停の名称は、最終運行時のものである。 - 主人公たちの住むエリアである飛鳥山 - 早稲田間が登場する• 1911年8月3日:青山七丁目 - 中渋谷ステーション前(渋谷駅東口の宮益坂下)間開業• 錦糸堀営業所境川派出所• 1904年6月21日:開業• 1968年2月25日:三ノ輪橋 - 千住大橋間廃止• : 洲崎まで開業• 森ビルは8月5日、虎ノ門・麻布台地区に高さ約330メートルの超高層ビルなどを建設する大規模再開発事業に着工。 「巣鴨新田」を発車すると、下り勾配からJR北口広場に進入し、JR線高架の真下に設置された「大塚駅前」停留場に到着する。

13

都電荒川線の駅一覧・路線図・お出かけ情報

1967年12月10日:廃止 角筈線(13系統) 飯田橋 - 若松町 - 東大久保 - 大久保車庫前 - 新田裏 - 四谷三光町 東大久保(抜弁天) - 新田裏間は専用軌道 新田裏(新宿六丁目交差点・本社横) - 角筈(新宿区役所前交差点・前)• 1971年3月18日:廃止 東京鉄道が一部または全部を敷設した路線 [ ] 富坂線(16・17・39系統) 大曲 - 伝通院前 - 前• 他には、6000形と同形だが全長が短い、初期に製造された小型車の、昭和30年代に大量に生産され各営業所に投入された経済車、から転属した軽量車体の、王子電気軌道引き継ぎの・・が使用されていた。 1927年3月8日:仙気稲荷前 - 東陽公園前間開業(のち東陽公園前 - 洲崎は洲崎線に統合)• 1911年(明治44年):東京市電で日本の交通事業史上初のが行われる。 - 東京都交通局 2011年4月18日• 乗換路線 乗換路線はありません• 26系統 (1952年5月19日廃止) 東荒川 - (一之江線) - 今井橋 27系統 三ノ輪橋 - () - 熊ノ前 - () - 王子駅前 - (赤羽線) - 赤羽 1972年11月12日より運転区間を三ノ輪橋 - 王子駅前間に短縮。

11

都電荒川線 路線図

1903年(明治36年): 東京市街鉄道(街鉄)が - 神田橋間を開業。 そこで翌(明治23年)に東京・でが開催されると、東京電燈は同社技師長であった藤岡市助主導のもと会場内に170(約300m)の軌道を敷設し、藤岡らがのデモ運転を行った。

1

都電荒川線

1963年10月1日:三宅坂 - 北青山一丁目間廃止•。

6