人口 動態 統計。 人口動態調査 人口動態統計 確定数 死亡 年次 2018年

高雄市政府民政局

33 1979 昭和54 115,890 1,642,580 689,664 952,916 14. そのため、「都市圏の出生率が低くても地方から人を集めればいいという安易な発想は、日本全体の少子化を加速させ、経済を縮小させる。

19

人口動態調査 結果の概要|厚生労働省

8 1945 昭和20 72,410 1,685,583 2,113,798 -428,215 23. 総人口に占める割合は、年少人口が13. (平成17年)には同年の労働力人口は6,650万人、ピークは1998年(平成10年)の6,793万人であったが、少子化が続いた場合、2030年には06年と比較して1,070万人の労働力が減少すると予想される。

3

高雄市政府民政局

当時において日本は中国、インド、アメリカ、ソ連、インドネシア、パキスタンに次ぐ第7位の人口を有する国となった。 39 2011 平成23 1,050,806 1,253,066 -202,260 1. 平成19年• 平成26年• さらに、(平成7年)に生産年齢人口(15-64歳)が最高値(8,717万人)、(平成10年)に労働力人口が最高値(6,793万人 を迎え、(平成11年)以降、減少過程に入った。 3 1917 大正6 54,134 1,883,000 1,208,000 675,000 32. 98 1995 平成7 125,472 1,187,064 922,139 264,925 9. 4 1924 大正13 58,876 1,999,000 1,255,000 744,000 33. 2人前後と安定した水準を維持しており、合計特殊出生率は低下しても、結婚した女性に限れば産む子供の平均の数は変わらなかったが、2005年(平成17年)の調査から出生児数の低下がみられ、2015年(平成27年)の完結出生児数は1. 23 2003 平成15 127,670 1,139,000 1,023,000 116,000 8. 平成18年度 人口動態統計特殊報告 婚姻に関する統計 57• 46 1947 昭和22 78,025 2,678,792 1,138,238 1,540,554 34. 統計データを探す• 3 1934 昭和9 67,680 2,028,289 1,225,402 802,887 29. 97 1952 昭和27 85,503 2,005,162 765,068 1,240,094 23. 5 1927 昭和2 61,659 2,061,000 1,214,000 847,000 33. 平成27年 都道府県別年齢調整死亡率 93• さらに、30代後半で産む割合が増加傾向であり、2009年(平成21年)には約2割にまで上昇している。

16

人口動態調査

1 1914 大正3 52 039 1,883,000 1,109,000 774,000 33. 平成25年• 26 ) 9 1,099 10 1,118 11 1,149 12 1,166 13 1,177 14 1,179 15 1,198 16 1,193 17 1,186 18 1,229 19 1,241 20 1,221 21 1,238 22 1,228 23 1,246 24 1,272 25 1,304 26 1,334 27 1,360 28 1,414 29 1,458 30 1,475 31 1,480 32 1,498 33 1,565 34 1,605 35 1,674 36 1,715 37 1,801 38 1,884 39 1,986 (第2次ベビーブーム) 40 2,022 (第2次ベビーブーム) 41 1,983 (第2次ベビーブーム) 42 1,933 (第2次ベビーブーム) 43 1,879 44 1,850 45 1,811 46 1,805 47 1,412 (の出生減少) 48 1,746 49 1,633 50 1,594 51 1,541 52 1,516 53 1,528 54 1,555 55 1,514 56 1,472 57 1,546 58 1,599 59 1,600 60 1,700 61 1,793 62 1,900 63 2,042 64 2,231 (第1次) 65 2,210 (第1次) 66 2,096 (第1次) 67 1,306 (終戦の出生減少) 68 1,396 (終戦の出生減少) 69 1,692 70 1,631 71 1,665 72 1,608 73 1,447 74 1,247 (動員の出生減少) 75 1,315 76 1,329 77 1,307 78 1,224 79 1,127 80 1,096 81 1,035 82 957 83 870 84 804 85 735 86 664 87 602 88 507 89 417 90 348 91 291 92 238 93 204 94 134 95 111 96 87 97 67 98 44 99 33 100歳以上 55 年齢各歳別総人口 2009 平成21 年10月1日現在, 男女別(千人単位) 男 年齢 女 553 0 歳 525 560 1 532 556 2 528 550 3 522 536 4 513 557 5 532 570 6 542 587 7 558 595 8 565 606 9 574 604 10 574 611 11 582 608 12 580 606 13 577 618 14 589 619 15 589 610 16 580 622 17 590 622 18 594 640 19 614 665 20 637 690 21 657 712 22 676 729 23 684 754 24 709 765 25 725 766 26 728 752 27 725 760 28 731 789 29 762 808 30 781 838 31 815 862 32 836 905 33 878 948 34 920 998 35 969 1,013 36 989 995 37 969 970 38 948 942 39 922 95 40 910 908 41 893 905 42 889 708 43 700 879 44 867 824 45 812 801 46 792 774 47 767 764 48 757 768 49 765 783 50 782 759 51 762 739 52 742 778 53 782 804 54 809 803 55 811 851 56 866 896 57 916 949 58 973 1,018 59 1,050 1,115 60 1,151 1,103 61 1,144 1,044 62 1,087 650 63 685 692 64 742 839 65 908 813 66 882 829 67 908 801 68 881 723 69 803 622 70 698 653 71 748 663 72 766 651 73 766 609 74 734 560 75 692 543 76 689 514 77 667 477 78 638 433 79 599 402 80 576 368 81 546 332 82 515 300 83 494 254 84 450 204 85 394 162 86 360 134 87 323 110 88 283 98 89 264 307 90歳以上 1,024 日本の死因については「」を参照 最新のである「平成27 2015 年完全生命表」によると、平均寿命(0歳における平均余命)は、男性:80. 平成28年度 人口動態統計特殊報告 婚姻に関する統計 43• このとき、合計特殊出生率はほぼ横ばいであったが、出生数は増加し、200万人以上となったためと呼ばれた。

14

人口動態調査

オープンデータ 平成12年・平成11年人口動態統計(総括表のみ) 平成12年・平成11年人口動態統計(総括表のみ). 総人口に占める割合の推移は、年少人口は、(昭和50年)(24. その後も出生率の減少傾向は続き、(平成17年)には、出生数が約106万人、合計特殊出生率は1. 8 1935 昭和10 68,662 2,174,291 1,152,371 1,021,920 31. 29 2005 平成17 1,062,530 1,083,796 -21,266 1. 01 1999 平成11 126,631 1,197,000 985,000 212,000 9. 32 2003 平成15 1,123,610 1,014,951 108,659 1. しかし、この間の出生数でみると、1950年代には希望子供数が減少し、(昭和23年)に合法化されたの急速な普及をバネに出生数は減少し、1961年(昭和36年)には、出生数159万人(合計特殊出生率1. 平成23年• 90 2012 平成24 127,400 1,037,231 1,256,359 -219,128 8. 2018年の推計では、沖縄県は自然増減、社会増減ともプラス、南関東4県、愛知県、福岡県は自然減少を社会増加で補ってプラスを維持しているが、大阪府や島根県など8県は社会増加よりも自然減少の方が大きい。

山梨県/保健・衛生に関する統計(人口動態統計・衛生統計(医務課))

Population by Age Group and Indices of Age Structure Excel:29KB• 日本の出生数 棒グラフ,目盛左 と合計特殊出生率 折れ線グラフ,目盛右。 1947年以降の統計で最低の数値である。

人口動態調査 人口動態統計 確定数 死亡 年次 2018年

統計データの高度利用• 89 以下のグラフは各歳別総人口を示したものである。

11

日本の人口統計

60 2001 平成13 127,130 1,185,000 966,000 219,000 9. 平成23年• 29 2004 平成16 1,110,721 1,028,602 82,119 1. すべて見る• 77 1990 平成2 123,478 1,221,585 820,305 401,280 9. 一方、老年人口は、(昭和25年)(4. 年齢各歳別総人口 2013 平成25 年10月1日現在 男女計(千人単位) またはは生まれ、またはは生まれ、またはは・生まれを示す。 平成21年• 統計表で使用している用語や諸率の算出方法については、以下の解説をご覧ください。

17