大臣 官房 審議 官。 幹部名簿|外務省

総務省|大臣官房

機密に関すること• ここでも、役人が大臣をしつけるのと同じように、マスコミはしつけられてしまいました。 なお、金融庁はに総括審議官が設置されている。 国土交通省は21日、同日付の人事異動で、藤田耕三事務次官が辞職し、後任は栗田卓也氏が事務次官に就任することを公表した。

幹部名簿|外務省

これらの経歴は最高幹部への昇進の有力な要素となる。

1

大臣官房

参事官補佐は名前の通り、その参事官を助けることが主な役割です。 あくまで官房審議官の首席にして、の次位の位置づけである。 郵政省組織規程の一部を改正する省令(昭和38年3月29日郵政省令第2号)• かつてはほとんどの国がお互いに公使を派遣し、大使はごく重要な国だけに派遣されていましたが、今はほとんどの場合外国に派遣される外交官の最上位は大使で、公使はその補佐という役割です。

4

総務省|大臣官房

派閥の暗闘能力も同時に発達します。 参事官、参事官補佐とは 参事官は、省庁や国の出先機関で使われている官職です。 原子力規制委員会 参事官 課長級 環境省 参事官 課長級 水産庁 参事官 課長級 厚労省 参事官 課長級 文化庁 参事官 課長級 スポーツ庁 参事官 課長級 文科省 参事官 課長級 外務省本省 参事官(行8~10級) 課長級 公安調査庁 参事官 課長級 法務省 参事官 課長級 消防庁 参事官 課長級 総務省 委員会事務局 参事官(行8級) 室長級 復興庁 復興局 参事官(行5~6級) 復興局の課長級(本庁の課長補佐級) 復興庁 参事官(行8~10級) 課長級 個人情報保護委員会 参事官 課長級 警察庁 参事官 課長級 公正取引委員会 事務局 参事官 課長級 宮内庁 内部部局 参事官 課長級 内閣府 子ども子育て本部 参事官 課長級 内閣府 日本学術会議 参事官(行8~9級) 課長級 内閣府 国際協力本部 参事官補佐(行5~7級) 課長補佐級 内閣府 国際協力本部 参事官(行8~9級) 課長級 内閣府 北方対策本部 参事官補佐(行5~7) 課長補佐級 内閣府 北方対策本部 参事官(行9) 課長級 内閣法制局 参事官(行政8~10) 課長級 内閣官房 内閣参事官(行政8~10) 課長級 海上保安庁 総務部参事官(指定職2号) 本庁部長・管区本部長級 海上保安庁 参事官 課長級 国土地理院 参事官(指定職1号棒) 審議官・局次長級 国交省大臣官房 技術参事官(指定職2号棒) 審議官・局次長級 経産省大臣官房 参事官(指定職2号棒) 審議官・局次長級 経産省 参事官 課長級 管区経済産業局 参事官 行5~7級) 管区の課長級 本省の課長補佐~室長級) 農水省大臣官房 参事官(指定職2号棒) 審議官・局次長級 農水省 参事官 課長級 地方農政局 地方参事官(行7~8級) 地方農政局の部長級(本省の室長級) 財務省主税局 参事官(指定職2号棒) 審議官・局次長級 財務省大臣官房 参事官(指定職2号棒) 審議官・局次長級 財務省 参事官 課長級 国税庁 参事官 課長級 金融庁 総合政策局参事官(指定職2号棒) 審議官・局次長級 金融庁 参事官(行9~10級) 課長級 気象庁 参事官 課長級 独自で簡易的に算出したおおまかな目安なので、正式な位置づけはそれぞれの機関へ直接確認をしてください。

16

参事官、参事官補佐はどれくらいの役職か

59年東大法卒、農水省入省。 他の内部部局の所掌に属しないものに関すること 大臣官房等一覧 [ ]• (:政令職であるが、局長より上位であり次官級とされる )• これは暗闘には有利に働きます。

18

幹部名簿 : 組織・業務の概要

平成20年大臣官房国際部国際経済課長、24年消費・安全局総務課長、28年大臣官房国際部長、29年大臣官房総括審議官<国際>などを経て令和元年7月経営局長。 。 役職名 氏名 読み 法務大臣 上川 陽子 かみかわ ようこ 法務副大臣 田所 嘉德 たどころ よしのり 法務大臣政務官 小野田 紀美 おのだ きみ 事務次官 辻 裕教 つじ ひろゆき 大臣官房 官房長 伊藤 栄二 いとう えいじ 政策立案総括審議官 竹内 努 たけうち つとむ 公文書監理官 佐伯 紀男 さえき のりお サイバーセキュリティ・情報化審議官 宮田 祐良 みやた ゆうりょう 官房審議官 山内 由光 やまうち よしみつ 同 堂薗 幹一郎 どうぞの かんいちろう 同 保坂 和人 ほさか かずひと 同 椿 百合子 つばき ゆりこ 同 菊池 憲久 きくち のりひさ 同 福原 道雄 ふくはら みちお 官房参事官 早渕 宏毅 はやぶち ひろき 同 深野 友裕 ふかの ともひろ 同 藤田 正人 ふじた まさと 同 大塚 雄毅 おおつか ゆうき 同 日暮 直子 ひぐらし なおこ 同 田原 浩子 たはら ひろこ 同 新谷 貴昭 しんたに たかあき 同 川淵 武彦 かわぶち たけひこ 秘書課長 吉川 崇 きっかわ たかし 人事課長 濱 克彦 はま かつひこ 会計課長 北岡 克哉 きたおか かつや 国際課長 柴田 紀子 しばた のりこ 施設課長 花村 博文 はなむら ひろふみ 厚生管理官 渡辺 浩 わたなべ ひろし 司法法制部 司法法制部長 金子 修 かねこ おさむ 司法法制課長 丸山 嘉代 まるやま かよ 審査監督課長 山上 淳一 やまかみ じゅんいち 民事局 民事局長 小出 邦夫 こいで くにお 総務課長 松井 信憲 まつい のぶかず 民事第一課長 土手 敏行 どて としゆき 民事第二課長 村松 秀樹 むらまつ ひでき 商事課長 篠原 辰夫 しのはら たつお 民事法制管理官 内野 宗揮 うちの むねき 刑事局 刑事局長 川原 隆司 かわはら りゅうじ 総務課長 佐藤 剛 さとう たけし 刑事課長 大原 義宏 おおはら よしひろ 公安課長 松本 麗 まつもと れい 刑事法制管理官 吉田 雅之 よしだ まさゆき 国際刑事管理官 関 善貴 せき よしたか 矯正局 矯正局長 大橋 哲 おおはし さとる 総務課長 小山 定明 こやま さだあき 成人矯正課長 細川 隆夫 ほそかわ たかお 少年矯正課長 西岡 潔子 にしおか きよこ 更生支援管理官 西岡 慎介 にしおか しんすけ 矯正医療管理官 清水 昌毅 しみず まさき 保護局 保護局長 今福 章二 いまふく しょうじ 総務課長 佐竹 毅 さたけ つよし 更生保護振興課長 押切 久遠 おしきり ひさとお 観察課長 生駒 貴弘 いこま たかひろ 人権擁護局 人権擁護局長 菊池 浩 きくち ひろし 総務課長 山口 聡也 やまぐち としや 調査救済課長 杉浦 直紀 すぎうら なおき 人権啓発課長 江口 幹太 えぐち かんた 訟務局 訟務局長 武笠 圭志 むかさ けいじ 訟務企画課長 小原 一人 おはら かずと 民事訟務課長 伊藤 清隆 いとう きよたか 行政訟務課長 澁谷 勝海 しぶや かつみ 租税訟務課長 間野 明 まの あきら 訟務支援課長 古宮 久枝 こみや ひさえ. 大蔵省、文部省、厚生省、運輸省の4省は「省」を挿入する表記が自省における正式呼称であったが、少数派のため、法令の条文あるいは議院事務局や他官庁の公文書上で「省」を省いた多数派式の表記(例:大蔵省大臣官房とすべきところを大蔵大臣官房)をされることもあった。

20

幹部名簿

キャリアかノンキャリアか 年齢によって推測することができます。 中二階総括整理職の設置、職務及び定数は政令(実施庁に置かれる中二階総括整理職は府省令)で定められ、名称については、中二階総括整理職の場合には審議官又は技術審議官とすることが基本である 他の職に「審議官」の名称は用いない。 また、秡川直也大臣官房審議官が自動車局長に就任することもわかった。

5