マイノリティ リポート。 超字幕/マイノリティ・リポート

超字幕/マイノリティ・リポート

劇中では、空中に浮かぶディスプレイをタッチ操作するインターフェイスや、網膜スキャナーを使ったターゲティング広告、音声認識でコントロールできる家具が登場。

7

「結局誘拐された彼の子供はどうなった?」マイノリティ・リポート

なお、2002年当時は日本ではレクサスは展開前で、その事業発表もなされてもなかった。

2

特集: フィリップ・K・ディック 映画と原作を徹底比較! 「ブレードランナー」から「マイノリティ・リポート」まで

この『マイノリティ・リポート』という作品、近年になってから 「未来予言映画」として引用されることが多くなってきた。 そんな幾つものメッセージを読み取ってしまう。 市民の側としても「犯罪を本当に実行するつもりでいると、未来を覗かれる」というのは、差し出すのに妥当なプライバシーの取引に思える。

映画『マイノリティ・リポート』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

手錠の代わりに、被疑者はヘッドセットを付けられ動きを封じられる。 劇中で2054年モデルのが登場する。

18

映画「マイノリティリポート 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

プライバシーと利便性 誰もがプライバシーは守りたいが、 プライバシーと利便性はトレードオフである。 これはGoogle広告に代表されるネット広告そのものだが、それらが普及するのは映画の5年後くらいのことだ。

20

マイノリティ・リポート

ハイネマンは元々、麻薬「ニューロイン」の中毒患者から生まれた遺伝子疾患を持つ子供達の研究を行っており、その子供たちはほとんどが12歳までに死亡してしまったが、生き延びたものは予知夢の能力を獲得しており、そこからシステムが開発されたのだった。 実際、劇中の技術は、「最高のSFは事実や未来の事実に基づいている」と考えたスピルバーグ監督によって集められた全米の専門家・学者たちに検討されて生み出された。