原発 性 肺 腺 癌。 転移性肺腫瘍|呼吸器外科の主な病気|慶應義塾大学医学部呼吸器外科

肺癌の組織分類

最近、胎児の肺に類似した上皮性成分のみからなり、非上皮性成分を欠くものもwell-differentiated adenocarcinoma of fetal typeとして肺芽腫の亜型とするという提唱がなされている。 肺炎などの炎症や、その傷跡(炎症瘢痕)など肺の良性疾患の場合もあります。

CiNii Articles

治療が困難と判断する場合は、次のような理由があります。 また、国内だけではなく海外の各施設間で共通の議論ができるような診断基準でなくてはならない。 現在では国内、国外ともに扁平上皮癌の名称の方が主に用いられている。

1

「転移性肺がん」と「原発性肺がん」は、こうして見極める 原発を知ることから始まる肺転移の最新療法

治療に耐える体力が総合的にあれば、その上で癌の進行具合によって治療法の組み合わせを決定します。 大細胞癌は、扁平上皮癌への分化も腺癌への分化も示さない肺癌である。 胎児の肺によく似た構造で、上皮性成分と非上皮性成分よりなり、上皮性成分は明るい原形質を有する細胞が管腔を形成する腺癌であり、非上皮性成分は紡錘形をした未分化な間葉系細胞よりなり粗に配列している。

5

肺癌の組織分類

肺癌の原発巣の全割面を組織学的に検索すると、均一な像を示すことはまず無い。

4

CiNii Articles

もしも主治医の説明をうけても納得できない場合にはセカンドオピニオン(他院の医師にも説明をうけること)を行ってもよいでしょう。 大細胞癌の肺癌に占める割合が施設間で異なる一つの原因はここにある。

7

LC

上皮性悪性細胞よりなる部分(癌)と、非上皮性悪性細胞よりなる部分(肉腫)が一つの腫瘍の中で混在しているものである。

7