悪性 症候群。 悪性症候群とは何? Weblio辞書

パーキンソン病

主な説として以下のものがある。

13

悪性症候群とは

脱水や熱中症は、高熱、意識障害、筋攣縮などを呈するが、発症経過により鑑別は容易である。 悪性症候群はどのような時に起こるのか 悪性症候群はドーパミンが関連することを説明しましたが、生じやすいタイミングがあります。

17

悪性症候群

尿失禁• 錐体外路症状(意図的でない身体の動き・不随意運動)は、歩くときやしゃべるとき、飲食時にあらわれます(歩きづらい、しゃべりづらいなど)。 一方で、過去に悪性症候群を再発した患者さんは再びかかりやすいともいわれており、そういった一部の患者さんについては、遺伝的に規定される何らかの体質要因が発症の危険因子となっているのではないかと考えられています。

13

悪性症候群

受診している医療機関に連絡し、症状を担当医師に説明してください。 また、同時に全身管理をしながら、必要な臨床検査を行っていく必要があります。

15

悪性症候群とは何? Weblio辞書

「血圧が上がる」 などが特に複数見られた場合には、ただちに医師・薬剤師に連絡してください。

13

悪性症候群の看護|抗精神病薬の副作用や悪性症候群の原因と看護計画

錐体外路症状というのは、手足のふるえやこわばりなどが起こる副作用です。